HEBOCHARIの自転車カスタマイズとライド記録

チェーンを交換する

チェーンを交換する

チェーンの幅(厚み)が6/7/8段用、9段用、10段用、11段用で異なります。スプロケの段数に合わせてチェーンを選ばないと、変速が上手くできなかったり、チェーンが落ちる原因となります。
SHIMANOの場合、10段用からは表裏があります。チェーンを交換する際は刻印が外になるように付けます。

必要な工具
・チェーンカッター
・ラジオペンチ

 チェーンを切る 

チェーンカッターをコネクティングピン部分に合わせて、カッターのネジを締めていきます。途中で少しネジが固くなりますが、そのまま締めていきましょう。

 チェーンを繋ぐ 

新しいチェーンの長さを決めて、チェーンの両端をあわせて付属のコネクティングピンを差し込み、チェーンカッターでピンを押し込みます。0.2mmほど出っ張っている程度が良しとされていますが、やってみるとカクっとなる位置があるのでわかります。そしたらチェーンカッターを緩めてチェーンカッターを外します。後はピンの余分な先端部分をペンチなどで折って完成です。


コネクティングピンは小さなパーツです。無くさないようにしましょう。コネクティングピンだけを買うことができますが、意外に高いです。

チェーンの長さ
「前後共に一番大きなギアにチェーンを通し、チェーンを繋いだ状態で、リアディレイラーのアームが地面に対して垂直になる長さ」が良いとされていますが、元のチェーンの長さにしておけば間違いないと思います。
便利なパーツ
チェーンを繋ぐのに、ミッシングリンクを使うと取り外し取り付けできるようなります。

 ミッシングリンクを使う 

チェーンの両側のミッシングリンクを取り付けて、写真のようにミッシングリンクを合わせて、左右に引っ張ります。
チェーンを外すときは、逆にミッシングリンクの前後のチェーンをスライドして中央に寄せます。