HEBOCHARIの自転車カスタマイズとライド記録

自転車のブレーキの世界

自転車のブレーキにはカンチブレーキ、Vブレーキ、ディスクブレーキ、キャリパーブレーキの4種類があり、ブレーキレバーもそれに応じて異なります。
クロスバイクやミニベロのフラットバーハンドルをドロップやブルホーンにする場合、ブレーキとシフターの問題をクリアする必要があります。

それぞれの特長を見てみましょう。

種類効きメンテナンス備考
カンチブレーキ今では珍しい。
シクロクロスバイクで採用。
Vブレーキクロスバイクの主流。
キャリパーブレーキロードバイクの主流。
コントロール性に優れる。
ディスクブレーキMTBの主流。
最近ではロードの採用も多い。

クラシックなカンチブレーキ。
効きはイマイチだけど…渋い!

Vブレーキのベースになる方式で、シンプルな構造で軽く、メンテナンス性に優れるが、効きはイマイチ(…らしい)です。
以前はMTBなどさまざまな自転車に採用されていたが、今では一部のシクロクロスバイクに用いられている絶滅危惧種になりつつある。左右に針出す反面、タイヤとのクリアランスが多くとれるメリットがあります。

病みつきになる制動力の Vブレーキ。
軽く引けて、メンテも楽々。

カンチブレーキの改良版とも言えるVブレーキ、ほとんどのクロスバイクに採用され、一部のママチャリや子供用自転車にも採用されています。
Vブレーキは世界のシマノが開発したブレーキで、現在ではカンチブレーキのほとんどがVブレーキに置き換わってしまいました。特長は高い制動力だけでなく、軽量、低コスト、メンテナンスのし易さです。

左;ノーマル 右;ミニvブレーキ

ロードバイクで主流になっているSTIレバーではVブレーキを引く事はできません。フラットバーハンドルをドロップハンドルやブルホーンに改造する場合は、Vブレーキが付いているとブレーキ本体をキャリパーブレーキに変えるのが難しいので、VブレーキをミニVブレーキ(写真右)やコンパクトVブレーキと呼ばれる引き代が少ないタイプに交換する必要があり、調整次第で引ける可能性があります。
(Vブレーキにアジャスターなどを噛ませば、STIなどのキャリパーブレーキ用ブレーキレバーでもVブレーキが引けるみたいだけど、試したことは無い)
また、STIでは無いが、テクトロのラインナップにはVブレーキが引けるドロップハンドル用ブレーキレバーもあります。
ただし、ミニVブレーキは引き幅が狭くなる反面、調整がシビアになったり、引きが多少重くなります。

制動力自慢のディスクブレーキ。
ロードもこれに変わっていくのかな~?

MTBのダウンヒルモデル用に開発されたもので、制動力が最も高いのがディスクブレーキ。MTBや一部のクロスバイクで採用されています。機械式と油圧式があります。機械式はメンテナンスに優れ、油圧式はより強い制動力が得られます。
ハブに取り付けられたブレーキディスク(ブレーキローター)を、ブレーキパッドで挟み込んで制動させる方式で、フロントフォークやフレームにキャリパーを取り付ける台座がないと、ディスクブレーキを取り付けることができません。また、ホイールはブレーキディスク用のハブが必要です。

ディスクブレーキ仕様以外の自転車にディスクブレーキを取り付けることはできません。
油圧式の場合、タイヤを外してディスクが無い状態でうっかりブレーキレバーを引くと、パットが離れなくなったり、ホースに気泡が入り、痛い目に会うはめになります。自転車屋に修理を依頼すると、そこそこの金額を請求されるので注意しましょう。
タイヤを外して輪行をする場合は、外したディスクの変わりのスペーサーを入れてください。厚紙で代用できますが、値段も高くないので用意しておく事をお勧めします。

ロードバイクの基本はキャリバーブレーキ。
コンポのグレードで効きに差が出る。

ダイレクトマウントタイプのキャリパーブレーキ

ほとんどのロードバイクはこのタイプ。Vブレーキに比べ制動力が落ちるとされているが…コントロール性に優れているので多く採用されています。
クロスバイクでもSORAやTiagraのキャリパーブレーキが使われることもあります。
また、スポーツバイクの主流は制動力の向上などのため、ほとんどが「デュアルピボット式」のキャリパーブレーキになっています。