HEBOCHARIの自転車カスタマイズとライド記録

霞ヶ浦一周ライド

霞ヶ浦一周には3つのルートがある。1つは「男ルート」、もう1つは「オカマルート」、最後が「女ルート」。
土浦市霞ヶ浦総合公園から走り始め、湖に沿ってキレイに湖岸をトレースする総走行距離127Kmのルートが「男ルート」。
左回りで、ぐるっと回って北端の石岡市高浜から湖を外れ、市街地を通り土浦に抜ける総走行距離110Kmのルートが「オカマルート」。
左回りで、ぐるっと回って霞ヶ浦大橋を渡ってショートカットする総走行距離90Kmのルートが「女ルート」。
…と勝手に呼んでいる。

初めての霞ヶ浦一周

土浦市霞ヶ浦総合運動公園

初めての霞ヶ浦一周はパラ友のヒロちゃんと一緒。チャリはKhodaaBloom FARNA20。自宅でHちゃんに車で拾ってもらって土浦市霞ヶ浦総合公園へ。
霞ヶ浦を走るときは左回りと決めている。大した理由はないが、グルッと回って最後に街に戻る感じが良いかな〜?
服装はいつもの短パンTシャツ、ノーヘル。公園を出て、125号線を南下。
自衛隊施設がある部分は湖畔に道が無いので、自衛隊施設を過ぎ、防衛庁の施設を過ぎたところで右折して霞ヶ浦の湖岸に入る。そこからは超フラットな道をひたすら走る。自転車専用道ではないが、車とはほとんど合わない。
西岸には小川が流れ込んでいる場所が数カ所あり、その度に迂回するので霞ヶ浦からちょっと外れるが、ひたすら走る、走る、走る……
霞ヶ浦を初めて見たので、最初は大きさに感動したが、感動は最初だけ。同じような風景を見ながら走る、走る、走る。

風強過ぎるぞっ!霞ヶ浦!

霞ヶ浦大橋(女ルート入口)

台風が去った直後でまだ風が強い。走り始めはそうでもなかったが、東岸になったあたりから爆風。
ところどころ湖の水が風に飛ばされて顔に当たる。
ヘロヘロになりながら、どうにか霞ヶ浦大橋に到着。
ここで橋を渡ってショートカットする「女ルート」か?そのまま周回する「男ルート」か?
最初に決めたコースを走らないのは、情けない!男なら初心貫徹!
…ってことで、気を取り直して周回に戻る。
行方市観光物産館から500mほど未舗装路が続くので、舗装路に迂回。
そこから北端の恋瀬川まで、強い向かい風の中泣きそうになりながらどうにか漕ぎ切る。

オカマルートの分岐

体力気力とも限界。アルミフレーム、アルミフォークの悲しさ。路面からの振動で腕がシビレて力は入らない。

そのまま周回するか?土浦まで市街地を突き切るか?
男だろっ!…オカマで結構です…。ここからは「オカマルート」に変更。

九死に一生!落車の恐怖!

土浦の街に入り、ゴールまで後少しのところで、排水溝のギャップの衝撃でハンドルから両手が外れ大転倒。
隣を走っている車の助手席の女の方の驚く顔をスローモーションで見ながら、前転するように歩道に投げ出される。
頭を打ってボーッとしていたので、状況がすぐには飲み込めなかったが、身体を点検したら両膝、両肘は派手な擦り傷、背中と頭は打撲。
先行しているヒロちゃんは気がつかず、ドンドン行っちゃうし…
もし車道に投げ出されていたらと思うと…怖い!
そこから息を整えて走り出して、待っててくれたヒロちゃんに追いつき、薬局で大判のバンドエイドを買って両膝、両肘に貼付ける。
そうして初めての霞ヶ浦一周は「オカマルート」を通り、血で幕を閉じた。

横浜に戻り、すぐにキノコヘルメットを買ったのは言うまでもない。
自転車に乗るときはヘルメットを忘れずに!

霞ヶ浦一周はキツいか?

初めての霞ヶ浦から2年。通算3回行っている(後は2回とも「男ルート」)。
単調なコースなのでペース配分が難しい。メンバーに引っ張られ、引っぱり合って、ついついペースが上がる。
横浜から霞ヶ浦まで一人で行くのは抵抗があり、仲間と行く事になるが、仲間と走るのは楽しい反面、自分のペースが保てなく、結果かなりキツいライドになる。
超フラットコースなのでペース配分を間違わなければ、どうってことないと思う(たぶん)が、風はいつも強く下ハンを持って空気抵抗を減らすポジションで走ることが多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA